白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が付くと、僕の周りに人が、いないのです。
誰も、いないのです。

お母さんも、お父さんも、おばあちゃんも、おじいちゃんも、
誰も、いないのです。

僕は寂しくなって、
でも、嬉しくなって、
外に飛び出して、走り回りました。

夕焼け空に終わりはなく、
夜はいつまでたっても、やってきません。


やがて僕は遊びつかれて、家に帰って、ただいまを言うと、
隣の怖いおじさんが、
ただ、黙って、僕の頭を撫でたのでした。


スポンサーサイト
テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学
コメント

僕の身になにがおきたのだろう。
おじいちゃん、おばあちゃんもいないなんて。

考えていると
シンは戦争にたどりつきました。
いつもながら、奥が深い詩。
ファブィ。
2007/10/26(金) 10:36:41 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 編集]

こわいですね。
なにやらとんでもない事件の匂いがします。

こわいふぁぶい。
2007/10/26(金) 14:45:36 | URL | 銀河系一朗 #-[ 編集]

コメントありがとうございました。

おじさんが怖いと思ったんですけど、
シンさんのコメントを読んで戦争という線も
ありかも。と思いました。
短いのに味のある作品ですね。
2007/10/26(金) 17:28:39 | URL | 七花 #-[ 編集]

なるほど、戦争という線が自然かも?
2007/10/26(金) 18:29:40 | URL | N&E #Tf9aLMeg[ 編集]

なるほどー、戦争ですか。
そうか、だから、街が焼けて、ずっと夕焼けなんですね……。
何も考えずに書いたので、なんか、新たな発見でした(笑)

>見習猫シンψ さん
その発想に、ファブィ!(笑)
物語は、作る人と読む人がいて、初めて成立するものだと再認識しましたよ。

>銀河系一朗 さん
事件ですね。
この子が狂ってるのか、周りで本当に何かがあったのか。
一人称だと、なかなか判断できません(笑)

>七花 さん
こちらこそ、コメントありがとうございます。
隣の怖いおじさん……なんだかんだで存在感がありますね(笑)
また、遊びに行かせていただきます~。

> N&E さん
私も、なるほど、と言う感じです(笑)
2007/10/26(金) 22:24:44 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]

ども はじめましてm(__)m

あれですね
あたしは どこかにあり得そうな 光景だなぁ と・・・

皆さんのコメント見てて 感心しちゃいました

2007/10/27(土) 00:22:38 | URL | mad cat. #-[ 編集]

mad cat. さん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

みなさん、いろいろ思いを巡らせてくれて、書いた身としては、とても嬉しいです(笑)

良かったら、また遊びに来て下さい。
2007/10/27(土) 20:44:43 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]

はじめまして。

なんだかぞくぞくする詩ですね…
いつまでもやってこない夜、という文から、消えてしまったのは「僕」のほうなのでは?と思ってしまいました。

もみじさんの詩は文章の向こうに書かれてない何かが見えるようで、深いなあと思います。
2007/11/11(日) 11:48:51 | URL | 有 #-[ 編集]

有さん、初めまして。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。

ぞくぞくする、といってもらえると嬉しいですね(笑)
「僕」に、日常は帰ってくるのだろうか。

私は、書かないことで描く人になりたいので。
基本、曖昧です(笑)
2007/11/12(月) 12:08:05 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/83-3b38200e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。