白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さい頃。
周りの大人たちは、私を見て、口々に「可愛い、可愛い」と誉めそやした。

私は、私をちやほやしている大人たちの黒い瞳の奥が怖かった。

私への好意は、きっと、簡単に「ひっくり返る」んだろう。
幼い私は、そのことを敏感に感じ取り、……ただ、馬鹿みたいに、にこにこしていた。
「ひっくり返る」きっかけを、決して、大人たちに与えないよう。
ただ、にこにこと。

そう、それは、まるで。


穢れなんか知らない、天使みたいに。






「てい!」

……こたつの中で、やつの足が勢いよく、私の足にヒット。

…………。


「……先輩、足が思いっ切り、ぶつかったんですが」
「あー、大丈夫、大丈夫。わざとだから♪」
「いや、大丈夫じゃないですから! 何なんですか、いきなり」

やつは軽く首を傾げて見せる。

「えっと~、いわゆる、ひとつの、猛アタック?」

「いや、かわいこぶってもダメです!……まぁ、確かにアタックには違いないですけど」
「というより、レイン抱き枕化計画の一端かな~♪」

抱き枕化計画……。



「抱き枕って、まだその話題引きずって……。っていうか、先輩にはもうすでに、抱き枕たくさんいるんだからいいじゃないですか」

皮肉を込めた私の言葉に、しかし、やつはにっこり笑って応えた。


「んー、まぁ、彼女たちも可愛いんだけどねぇ。……ちょっと、自己主張がウザいかなぁ?」




…………。

断言しよう。
やつは、芯から腐っている。








透きとおった、夜の底。(6)を読む。



スポンサーサイト
テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/78-6301aa32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。