白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目をつぶって。
息を止めて。

思い出すのは、過去の記憶。

心は張り詰めて。
声は喉に張り付いたままで。
過ぎ去るのを、小さくなって待っていたんだ。

僕は。

あの頃、僕は。

ただ、死なない理由を探してた。


スポンサーサイト
テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学
コメント

これはイジメの後かな?
というイメージを受けたのだがどなんだろう。
違うかなぁ。

ところで、しんは過去の記憶がほとんどない……。

色々あったんだろうけど、覚えていない。
しんの記憶力はやばいです。本当に。
記憶力悪いのは昔からだから諦めてるけどね。
3歩あるいたら忘れるぐらいにひどいのです。

・・・・・・猫だからいいか(笑
2007/10/14(日) 07:31:24 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 編集]

もみじさんの文は短いなかに、感情をグッと凝縮するのがうまいですね。

思い出して受ける感覚が非常に激しく切なく強いのだってことを、最後の一文がさらに強烈に印象づける。
すばらしいです。
2007/10/14(日) 11:26:25 | URL | 銀河系一朗 #-[ 編集]
こんにちは。^^
>あの頃、僕は。
>ただ、死なない理由を探してた。

「あの頃」があって、そして、「今」がある。
「今」があって、本当に良かったと思います。

私にとっても、もみじさんにとっても、
そして、これを読んでいる皆さんにとっても。


応援ぽち、していきます。^^
2007/10/14(日) 13:26:47 | URL | 新月 #7qIJuB7g[ 編集]

>見習猫シンΨ さん
いや、私もかなり忘れっぽいですよ……。
前の日に食べたものとか普通に思い出せないときがありますし(汗)
あ、でも、変なことは結構憶えているほうかもしれません(笑)

>銀河系一朗 さん
お褒めの言葉、光栄に思います(笑)
短い文なのは、打つのが面倒という要因もあったりなかったり……。
でも、どちらかと言うと、短いお話を磨くほうが好きなのかも知れませんね。

>新月 さん
いつも、コメントありがとうございます♪
なんか、最近、詩と小説の違いってなんだろうなぁ、と考えました。
多分、長さの違いだけではないですよね?
どうなんだろう?
あ、でも、詩にもいろいろなジャンルがあるような気がしてきました……。

2007/10/14(日) 16:02:05 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/68-dc07a079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。