白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深く、息を吸い込む。
そこは水の底で、わたしは魚になる。
天を、水面を仰げば、きらめく光。

一気に上昇。
加速する、体。
水は、粘性を増す。
過去の自分を思い出す。

完璧なんて、なくなってしまえ。
やつらは、ただ、世界の広さを知らないだけ。
デジタルな、すかすかの頭から零れ落ちるものが、見えないだけ。

わたしが誰かなんて、どうでもいい。
ただ君は、自分が生きていることを思い出せ。




スポンサーサイト
テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/42-109f8ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。