白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空に浮かぶ、入道雲。

落ちている、はね。
蝉の翅、一枚。

アブラゼミの茶色い、はね。

本当は、無数の死骸が。
そこらじゅうに。

積み重なっているはずなの。

静かに。
眠る。

歴史の重さの分だけ。
澱む。

見てるのは、ほんの上澄み。
降ってくる、部品。
蝉の部品。


ああ、
空中分解できたなら。






スポンサーサイト
テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学
コメント

もみじさんの作品を読んで、すごく心に染みました。切ない気持ちがよく出ていて大好きです。
2007/08/13(月) 22:57:20 | URL | 天音 #UXr/yv2Y[ 編集]

コメント、ありがとうございます~。
そう言っていただけると、とても嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。
2007/08/14(火) 18:20:34 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/4-3a81b524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。