白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画を観ました。
設定にはいろいろ無理があるように感じられたけれど、それでも胸に迫ってくるものがあった。
人生の、重さ。

たぶん、人のいっぺんに把握できる時間の長さって制限されていてさ、
たとえば東から昇った月が西に沈む、
その様子を、それだけに全意識を集中させて見続けるのは、私には無理だ。
何だろう、うまく説明できてない気がするけど。
どうしても、どうやっても、細切れな時間の集合としてしか把握できないんだよね。
人の一生ってやつもそう。
そもそも、与えられている時間の限界ぎりぎりだし、
人の一生をきちんと見続けるのは、無理。

きっと小説だったら、途中で休みを入れちゃうし。
映画館で観る、っていう拘束感の良さ、みたいなものを少し感じてみたり。



スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/269-a4919292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。