白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏菜と夏希の話。

夏菜が大学三年生で、夏希が二年生だった気がする。
一緒に住んでる設定。
キッチンと居間と、あとそれぞれの部屋がある間取り。
学部が違うので、大学で顔を合わせることはほとんどない。別キャンパスってことで。

夏希の交友関係は広い。
誰とでも親しくなれる。バランス感覚が良い感じ。良い聞き手、みたいな感じ。
夏菜の交友関係は限定的。
ちょっと変わった人、みたいな友が多い。
マイペースな夏菜と付き合えるのは、大人な人か、あるいは夏菜と同じくマイペースな人。
夏菜に対して「何かに守られている感」を覚える人は皆、夏希に会って納得する。
それと同時に、夏希の中のどろっとしたものが見えちゃう人もわずかにいたり。


スポンサーサイト
テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/235-6b66cb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。