白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白い校舎。
長い廊下に、佇む人影。
しん、と湿った空気。
化学室からもれ出した静けさ。

緑の壁に背を預けて、こちらを見る。
窓の外は、青空。
白い雲が光る。
廊下の真ん中の白い破線が、突き当りの美術室まで伸びる。

窓は開いている。
冷たさの混じった風は少年の髪を揺らす。
少年は窓の外を見る。
唇がわずかに動く。
横顔から表情は読み取れない。

少年はこちらを見る。
静かに微笑む。
誰もいないはずの廊下で、静かに微笑みかける。

少年は「わたし」に微笑みかける。







スポンサーサイト
テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/225-917b5147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。