白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜はブランコのように、寄せては返し、寄せては返し。
無限の静寂は果てることなく、ただ影になった少女たちを引き連れて。

きい、きい、きい、きい。
きい、きい、きい、きい。

白い闇は、優しく肌をなでるのです。
優しく、優しく、深海魚のぬくもりのような優しさで、私の肌をなでまわすのです。

そこにあるのは、朽ちかけた母親。
恨めしそうな表情で、ぱくぱく。ぱくぱく。私には何も、聞こえ、ない。
濁った眼球。歪んだ過去の記憶を映し出し。
不自然に赤い口紅だけが、私を不快にさせるのです。

きい、きい、きい。
きい、きい、ききい。

ブランコから飛び降りた足音は、まっすぐに帰るようです。
私もまっすぐに帰ります。
まっすぐ、帰ります。

鈍く重いこの体、どこに捨てようか。
どこに捨てて帰ろうか。

幾重にも連なるブランコは、鉄のにおいをまき散らし、
この私をすくい取るというのです。








スポンサーサイト
テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学
コメント

揺れ続けるというのが、ブランコになったんですね。
いつも思うのですが「白い闇」とか、不思議で上手な組み合わせが多いですよね。
どんなに逆立ちしても、私にはそんな必殺技は出せない。笑

前記事のコメにもありましたが、もう一年ですね。
これからもお仕事がんばってください!
2008/09/09(火) 01:55:51 | URL | たろすけ(すけピン) #rFJbKIhU[ 編集]

どうやら、そうみたいですね(笑)

「白い闇」はたぶん私のオリジナルじゃないと思いますよ。
そうかといって、どこで聞いたかは全く思い出せませんが。
私の中ではイメージ的に「白夜」と繋がってるようです。
とりあえず、「白い闇」とYahoo!で検索したら186,000件ぐらいヒットしました(笑)

お仕事がんばりますよー。
今日は、他部門の部長さんから、私宛に電話で技術的な問い合わせが来て、かなりテンパりました……。
2008/09/10(水) 23:06:33 | URL | もみじ #KKhd1Ueo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/215-464178d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。