白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
缶ジュースの鮮やかな刹那性と、ペットボトルのだらだら感について。
缶ジュースはその場で飲まなきゃだからねー。
一瞬を切り取る感じ。
その点、ペットボトルは絵的に美しくないね。


ピストルをこめかみに当ててロシアンルーレット!ってあるじゃないですか。
あれ、よくよく考えてみると、面白いなー、って。
弾が出なかったら、そのあとも「あー良かった」と、そのまま人生が続く。

じゃあ、弾が出たら?
死にますね。外から見たら、そういうことになる。
でも、本人から見たらどうなんだろうな、って。

一瞬だから死んだってことも認識できない。
というか、そもそも死後の世界を知らないので、もしかしたら「そのあとも「あー良かった」と、そのまま人生が続く」夢を見ることになるのかもしれないわけで。
もしそうだとしたら、わかんないな、って思った。
自分が死んだかどうか、わからん。

と、ここまで書いたところで、別にロシアンルーレットに限ったことじゃないか、ということに気付きました。。。
普段もそうだよなー。
私は、本当に生きてるんだろうか?


また、なんか、どうでもいいこと書いたなー。




スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/198-7700cb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。