白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白い鳥が一羽、飛んでいく。
残像は明滅を繰り返し、やがて消える。

足元を洗う水は透明で、僕の色彩の全部を吸い上げるかのような、肌触り。
僕は笑う。

いつかの日に期待したものたちは、今、こぞって僕の前にひざまずく。
まるで、初めて会ったかのような様子で。
彼らが忘れてしまった僕は、今、小鳥と遊んでいるんだ。
燃えてしまったあの森で、今も。

大人になって、完璧に笑えるようになればなるほど、僕の色彩は澄み切って諦めを増していく。
水面は凪ぎ。
他のものを寄せ付けない。
二度と、寄せ付けない。

森の中の僕は、はじけるように駆け出した。
僕も知らない森の奥に、何かを見つけたのかな。

僕はひとり、空を仰ぐ。
確かな予感が胸を満たす。

白い鳥が一羽、






スポンサーサイト
テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://sekainoiro.blog114.fc2.com/tb.php/185-529e7296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。