白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
(2002/06)
高橋 源一郎

商品詳細を見る



なんか、この人とは近いものを感じた。
夜のファミレスで一気に読んで、ちょっとくらくらした。

素人さんの書いた小説を読んで、「こんな人間いない」って言っちゃう通ぶった人とか。
小説は全てが自由なのに。


スポンサーサイト
テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る



ゲーム小説。
面白かった。
バランス良いし。

足りないのは、狂気かな。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
(2005/11)
吉田 篤弘

商品詳細を見る



ぼんやりしているうちに、読み終わってしまった。
ある種の普遍性。

でも、私の特別にはならない。

ああいう食堂、近くに欲しいけど。
みんな一人で食べに行って、お客さん同士が仲がいいの。
行くも行かぬも、私の自由ならば。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshiラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi
(2003/05)
穂村 弘

商品詳細を見る



たぶん、私が生まれて初めて買った短歌の本だと思う。
まだ、この一冊だけ。

しかし、歌よりも「ごーふる」が衝撃的だった。
途方に暮れてしまう。
先の、先。って感じ。
普通の人はまずその場所に立てない(立たない)。
この人はそこに立った上に、足場を破壊し始める。
バランスを崩した状態で、その場所に空中停止してる。
物理法則を無視してるよ。

願わくば、この人の周りに母性愛に満ちた女の人が在り続けるよう。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)
(2008/09)
穂村 弘

商品詳細を見る



日記。エッセイ?

「結果的ハチミツパン」とか。気持ちはよく分かる。
私はこの人ほどひどくないけど。

生きてて良かったね、って思う。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
なんか、できちゃった歌たち。
まだまだ指折り数えないと字数が分かりません(笑)

*

助けてと叫ぶ君にはもう少し四つ葉探す時間あったなら

いつか見た風景見合う時がきた助け求めて泣きつかれた日

手を伸ばしつかみとったら午前二時暴れる心臓幽霊探す

どこまでも助けを借りずただひとりあるきたいんだ螺旋階段

白い朝助け求めず死にかけてぱっくり砕けた現実だって

生きてきた時間は全てひだまりに とけてきえて くだけて ひろがる

白い雨 尾を引くリズム 濃い緑 遥か上空 ひだまりをみた

きらきらとひかるかけらは カナリヤの調べうつした赤い手帳に

首かしげ 視線を落とす ぬるい午後 君が調べたっけ 僕の意味

調べても調べても調べても 夢で見たあの感情 名は何か


テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
調査する! ここやあそこはちょっといい 世紀の発見 ゴミ箱行き

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
閉じたまま 一生終える覚悟ぐらい したかも知れない 春のひだまり

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
君のため助けになればと笑顔煮るその鈍感さ僕にください

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
一日の終わりに沈むばらばらの眼と声おどる墨色の海

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
こちらみて ひたり微笑む少女には 鳥かご似合う 不自由知らず

 
テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
001:笑
002:一日
003:助
004:ひだまり
005:調
006:水玉
007:ランチ
008:飾
009:ふわふわ
010:街



めもめも。
ファイトだー。


テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
初参加です。
短歌は片手で数えられるぐらいしか作ったことがないです。たぶん。
完走できるよう、がんばります。


というわけで、100のお題クリアを目指して詠んでいこうと思います!
なんとなく、短歌ってとりあえず型を身体に憶え込ませるのが大事なんだろうな、って思ったので。
勘ですが(笑)


テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
ご無沙汰しております。
社会人2年目になりました、もみじです。
毎週、毎週、死にかけです……(笑)

突然ですが、短歌始めよう、と思い立ちました。
深夜+アルコールの微妙なハイテンションの中、ちょっと宣言しちゃいますが。

ということで、いきなり短歌ブログになっても気にしないでください。
まぁ、続けられるかは分かりませんが、新しいことは良いことであります。

うむ。
修行するのだー。


テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
とるにたらないものものとるにたらないものもの
(2003/07)
江國 香織

商品詳細を見る



江國香織が身のまわりのものについて語っているエッセイ。
普通に楽しめた。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
にょっ記 (文春文庫)にょっ記 (文春文庫)
(2009/03/10)
穂村 弘

商品詳細を見る



日記っぽい、何か。
スターバックスのが好き。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
あなたが動けば、人は動く―“この人のために”と思わせる50の方法 (PHP文庫)あなたが動けば、人は動く―“この人のために”と思わせる50の方法 (PHP文庫)
(2001/03)
中谷 彰宏

商品詳細を見る



結構、古め。
中身は、それなり。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。