白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)
(2009/01/08)
鯨 統一郎

商品詳細を見る



面白かった! よくやった、って感じ(笑)
凶器は途中で分かっちゃったけど。
でも、合わない人は合わないだろうなぁ……。

この人の本、初めて読んだけど、こういうの書く人だったんだね。


スポンサーサイト
テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学
星は歌う 4 (4) (花とゆめCOMICS)星は歌う 4 (4) (花とゆめCOMICS)
(2009/01/19)
高屋 奈月

商品詳細を見る



人の痛みを描き続けるには、ずっと「痛い場所」に留まり続ける必要があるのかもしれない。
それはひどく摩耗する行為だ。

うーん。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック
GOTH  モリノヨルGOTH モリノヨル
(2008/12/17)
乙一

商品詳細を見る



『GOTH』の映画を見て、かなり良くて、帰りの本屋さんで買ってしまった。
映画、映像がめちゃくちゃ綺麗です。

小説と写真。
森野夜の物語。

彼らの立ち位置が、結構好きだったりする。
二人の関係性とかね。

しかし、DVDほしいなぁ。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
スカイ・イクリプススカイ・イクリプス
(2008/06/24)
森 博嗣

商品詳細を見る



図書館で借りてやっと読んだ。
短編集かな。

クサナギは空を失って、代わりに人間らしい、いろいろなものを手に入れた。
地上の幸福は鈍感さの上に成り立っている。

人間は空では生きられない。
でも、空で死ぬことはできる。
甘い死の夢想。

生は死の光を受けて初めて、その姿を鮮明にする。
死をそばに置かずして、ほんとの生は得られないはず。
ほんとの「違和感」は感じられないはず。

なんだかな。
なんか、挫折感でいっぱいです。
私の挫折じゃないよ。
クサナギの挫折、作者の挫折。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)
(2008/12/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る



面白かった。

ただ、ちょっとはしょりすぎな感がしなくもない。
設定を読んでいるような。
もう少し膨らませても良かったんじゃないかな。

雰囲気的に、これから妖精さんの秘密に迫っていくのかな?


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
脳内現象 (NHKブックス)脳内現象 (NHKブックス)
(2004/06/24)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



これ読んだ頃、精神医学について適当に調べていた気がする。
なんか、具体例たくさんで面白かった。

本の感想じゃないけど。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)
(2008/04/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る



三巻です。
この巻も普通に面白かった。

そういえば、『夜は短し歩けよ乙女』を読んだとき、なんとなくこの作品の主人公の女の子を思い出したっけ。
似てる?

四巻も読まなきゃ。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
夢を見た。
カーテンの隙間からやわらいだ空を見る。
それでも、金属的に硬い空のいろ。
西の山脈は、紅く燃えている?
ひたひたと胸を満たす夢の残滓は、「幸福」みたいな顔をして私の孤独に触れる。
そうして、私は「幸福」みたいになった孤独を、舌の上で転がす。

孤独は相対的なものである、ということを私は知った。
それは冬の夜明けの空気よりは温かいから。



テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学
遊ぶ奴ほどよくデキる (小学館文庫)遊ぶ奴ほどよくデキる (小学館文庫)
(2008/11/07)
大前 研一

商品詳細を見る




サラリーマンのおじさん向けに書かれた本みたい。
でもいろいろ参考になった。
具体的に「何」とは言えないけど(笑)


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る




面白かった。

主人公(?)の女の子は絶妙なバランスで可愛いけど、一歩間違うと嫌な子だろうなー。
などと思いつつ。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
銃とチョコレート (ミステリーランド)銃とチョコレート (ミステリーランド)
(2006/05/31)
乙一

商品詳細を見る




久しぶりの乙一。
翻訳ものの児童小説を思わせます。

でも、なんかちょっと不満。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
1950年のバックトス1950年のバックトス
(2007/08)
北村 薫

商品詳細を見る




図書館で借りた。
短いお話がいくつか。

北村薫を最初に読んだのは、たぶん高校生の時だ。
『スキップ』は衝撃的でした。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (講談社文庫 お 83-6) (講談社文庫)「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (講談社文庫 お 83-6) (講談社文庫)
(2008/05/15)
恩田 陸

商品詳細を見る





エッセイ。
恩田陸は飛行機嫌い、らしい。

なかなか羨ましい旅行記。
飲んでばっかだもんなー。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。