白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から、4泊5日の旅に出ます。
ということで。


スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
コアラ課長コアラ課長
(2006/06/21)
野村宏伸、エリローズ 他

商品詳細を見る



2008/3/1。

面白かった。

前後のつながりを無視して、どこかで見たようなシーンをひたすら投入したような映画だと思いました。
ストーリーはいちおうありますが、全編を通してつぎはぎな感じ(笑)

そして、主人公はスーツを着たコアラです。


テーマ:DVD - ジャンル:映画
なんとなく、会社を辞めて小説家を目指す人の気持ちが分かってきた最近です。
単純に、書く時間、取れないもんなー。

しかし、私はお金がある程度欲しいので、きっちり働くつもりです。
趣味にお金をかけたいのです(笑)
あとは、経験値かなー。
自分が世間知らずなの、知ってるし。

私は、名前を付けることで分かった気になる人が好きじゃないです。
議論をするときに、「その議論はもう散々ネットでされてるから」とか言って、議論する意味がないみたいに言うのもどうかと思う。
知ってるのと、自分でやるのとは、全然違うのに。
たとえ、結果として同じ結論に辿り着いたとしても、全然違うのに。

何かを創り出せる人になりたいです。
口だけは達者で他の人のことをとやかく言うけれど、自分では何も生み出せない、って人が最近多すぎるように思う。
そりゃあ、動かなければ叩かれる場所もないよなー、って。

小説家志望の人たちをネットで見てて思うのは、虎の威を借る狐だなー、みたいな。
○○が~~と言ってた、とか、××は~~らしい、とか。
プロの作家さんやら、どこかの偉い人やらの言葉を、そのまま書いて満足しているみたいで。
自分でちゃんと考えたのか、って思う。

そういう著名な人たちと同じ土俵に立つっていう気概が足りない、というか。
ライバルとして見てない、というか。
悔しくないのか、って思うんだな。


今回もぐだぐだ……。



テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。