白い月という球に

思うまま、わがままに。適当に書き連ねる、つくりものたち。 コメント・トラックバック歓迎です♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか、できちゃった歌たち。
まだまだ指折り数えないと字数が分かりません(笑)

*

助けてと叫ぶ君にはもう少し四つ葉探す時間あったなら

いつか見た風景見合う時がきた助け求めて泣きつかれた日

手を伸ばしつかみとったら午前二時暴れる心臓幽霊探す

どこまでも助けを借りずただひとりあるきたいんだ螺旋階段

白い朝助け求めず死にかけてぱっくり砕けた現実だって

生きてきた時間は全てひだまりに とけてきえて くだけて ひろがる

白い雨 尾を引くリズム 濃い緑 遥か上空 ひだまりをみた

きらきらとひかるかけらは カナリヤの調べうつした赤い手帳に

首かしげ 視線を落とす ぬるい午後 君が調べたっけ 僕の意味

調べても調べても調べても 夢で見たあの感情 名は何か


スポンサーサイト
テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。